このブログについて
予定
祭事・行事
職員日誌
吉備津神社公式サイト










日本画の奉納 村越 由子 様より

DSC_0611_201512190620525ac.jpg

先日、日本画家の村越由子さまより絵画のご奉納をいただきました。

『瑞兆果』と題した桃の絵です。


桃は『古事記』にも見られますように古代の日本人は魔除けの果実として使っていました。

また、桃の種がまとまって発掘されたように、祭祀にも用いられたと考えられます。

更には当神社のご祭神・大吉備津彦命は童話『桃太郎』の桃太郎さんに例えられる大神様です。

そのような縁起の良い絵画のご奉納をありがとうございました。


写真では分かりにくいですが、美しい岩絵具と金箔がとても神々しい雰囲気を産み、

また、彩色に彩られたご本殿内部にとてもよく調和しております。

金箔のギラつきを抑えるために、箔の上に典具帖という

とても貴重で高価な和紙を貼って光沢を抑えるというとても手の込んだ手法だそうです。


ご奉納の奉告祭の後は、ご本殿内部、内陣への脇入り口の古市金峨による扉絵を

ご覧になられ感じ入っておられるご様子でした。
スポンサーサイト