このブログについて
予定
祭事・行事
職員日誌
吉備津神社公式サイト










皐月20日 6月1日TAKAMAGAHARA 国生み ~古事記より~ 奉納

おはようございます。

久々の更新となってしまい、申し訳ありません。

日常の事などはフェイスブックでお知らせしておりますので、

そちらをご覧くださいますようお願い申し上げます。


さて、来る6月1日に舞踊・芸術振興会ひろしまの皆様による

和太鼓・笛・舞踊による演奏が奉納されます。

この度、古事記をテーマに舞踊を創作されたそうです。

それが5月23日にふくやま芸術文化ホールリーデンローズにて初公演されます。

その後、当社にて奉納をして下さるという事となりましたので、お知らせ致します。

TAKAMAGAHARA 国生み ~古事記より~
kuniumi(縮小)
kuniumi2(縮小)


日時:平成26年6月1日(日)14:00~15:00

ご奉納下さいます皆様をご紹介させていただきます。

<奉納演者>
原田嘉子(和太鼓)
三谷真保(舞踊)
クラジミール・カミンスキー(舞踊)
仙九郎(笛)

プロフィール
原田嘉子
原田嘉子
Nipponの鼓動表現 和太鼓奏者
広島県福山市出身。
和太鼓同志会『備後蔵王太鼓』の一員として長田法親氏に師事。
1997年日本の伝統的なリズムを追求する傍ら、ジャズのグルーヴィーなスウィング感と
インタープレイを土台とした即興演奏を導入した独自の和太鼓サウンドユニット
『よっちゃん・なっちゃんのふたり組 鼓流雲』を結成。
1999年国民文化祭でジャズオーケストラとの共演を皮切りに、
クラシック、ロック、ラテン、舞踏、華道他、多様なジャンルとのコラボレーションを実現。
現在ソリストとしても、さらに自由でノリのよい和太鼓サウンドを追求しながら
国内外へと積極的に活動を展開中。
2007年 東京青山芸術祭
2008年 第7回東京国際和太鼓コンテスト 大太鼓部門(優秀賞)
2011年 インドバンガロール国際芸術祭 ゲスト公演
2011年 日印親善交流ムンバイ記念公演
2012年 和太鼓&ジャンベ・タップコラボコンサート
2013年 和太鼓と舞踏の響宴『命の鼓動』コンサート
2013年 ソロリサイタル『光の道』  他


三谷真保(舞踊)
三谷真保
10歳よりクラシックバレエをはじめる。
バレエ団、ダンスカンパニーに所属後、舞踏家大野一雄氏の影響を受け、
独自のダンススタイルを築く。2001年より即興独舞公演を行う。
スタジオM主宰。現代舞踊協会会員。舞踊・芸術振興会ひろしま理事。
現在も舞踊家として数々の舞台に出演。
2000年より、ダンスセラピーを荒川香代子氏(MA,ADTR)に師事。
2004年より、EastWestSomaticsをサンドラ・フレイリー氏(NY州立大学名誉教授)に師事。
EastWestSomatic Institute資格認定コース修了。
<近年の主な舞台歴>
2011年,12年,13年明石現クラシックギターコンサート賛助出演
2011年 現代舞踊フェスティバルin東京 出演
2012年 時代を創る現代舞踊公演 出演
2012年 岡山市芸術祭ケイタケイLIGHT津々浦々シリーズ岡山公演出演
2013年 和太鼓と舞踏の響宴「生命の鼓動」演出・出演
2013年 モダンダンス5月の祭典 出演
2013年 ソウル国際振付フェスティバル ファイナリスト など


クラジミール・カミンスキー(舞踊)
クラジミール・カミンスキー
1988年ブラジル・パラナ州教育文化省に属するグァイラ劇場財団にて
クラシックバレエ、モダンダンス及びフォークダンス課程卒。
グァイラ劇団との契約により、パラナ州クリチバ市にて、バレエキャスト。
1991年ブラジルサンパウロ市バレエ団に入団。
1993年ブラジルサンパウロ市サンパウロ劇場にて、
スィズネ・ネグロ・ダンス・カンパニーサンパウロ州サンパウロ市ピンニェイロ・スポーツクラブにて、
ヴァッツ・ダンス・カンパニーバレエダンサーとして活躍。
1994年サンパウロ州及び地方にて、イズマエル・ギゼル・バレエ団、
イスマエル・ギゼル&ヨウコ・オカダバレエ・スクール教師。
2002年から現在、日本でバレエ教師、バレエダンサーとして活動している。
Cladimir Kaminski Ballet Company主宰。


仙九郎(笛)
仙九郎
篠笛、尺八、ケーナ他の笛類や弦楽器(ギターを含む民族楽器)等を演奏し、作・ 編曲を行う。
舞台音楽他CMの楽曲提供。
地元愛媛県内に於ては後進育成の演奏指導等、多岐にわたる活動を行う。

奉納予定

日時:平成26年6月1日(日)14:00~15:00

場所:吉備津神社拝殿(国宝)

座席はございませんが、拝殿の外側よりご覧いただけます。(拝殿には入れません)


皆様、どうぞ御参拝下さい。
スポンサーサイト