このブログについて
予定
祭事・行事
職員日誌
吉備津神社公式サイト










如月17日 祈年祭

明日2月17日は、祈年祭です。

古くは「としごいのまつり」と読み、奈良時代からの伝統をもつ祭儀で、

穀物、とりわけ稲が豊かに実ることを祈る祭儀です。

その伝統は今でも続いており、宮中はじめ全国の神社で祈年祭が執り行われ、

皇室および国家、国民の安泰もお祈りします。

「春祭り」とも称され、現在は2月17日に行われます。古代社会では稲作が産業の中心でしたが、

現代では諸産業がさまざま発展しているため、あらゆる産業の発展と国力の充実を祈願しています。

(『神社のいろは』扶桑社より)

当社では、午前8時30分より斎行致します。
スポンサーサイト

霜月24日 新嘗祭

おはようございます。

昨日11月23日は、勤労感謝の日として、祝日でしたね。

さて、勤労感謝の日とは元々どのような日だったのでしょうか。

以下、神社本庁のホームページより引用します。


11月23日は「勤労感謝の日」として国民の祝日となっていますが、
本来は新穀を供えるお祭りの日です。

宮中の神嘉殿(しんかでん)では、天皇陛下御親(おんみずか)ら新穀を神さまに捧げ、
その年の収穫を感謝する新嘗祭(にいなめさい)が執り行われ、全国の神社でも斎行されます。

このように、日本人はお祭りを通して神さまの恵みに感謝をささげてきました。

今日もおいしいお米が頂けることを「あたり前」とは思わずに、
常に感謝の気持ちを持ち続けたいものです。


以上、引用おわり

全国の多くの神社では新嘗祭が斎行されたことと思います。

当社におきましても昨日は勤労感謝の日祭として

所謂、新嘗祭が斎行されました。

人は、色々な恵みによって生かされている、と感謝したいですね。

神無月14日 秋季大祭の様子

おはようございます。

昨日は、当社の秋季大祭が斎行されました。

神職、巫女などの職員をはじめ、行列の奉仕や裏方などを担って下さる氏子区域(町内)、

旧吉備津講社の大氏子の皆様、ご来賓の皆様など多数の方々のお世話の元、無事滞ることなく

執り納めることが出来ました。

ありがとうございました。




七十五膳据神事の献供行列が拝殿まで付いて、伝供役と呼ばれる浄衣(白装束)の人に

神饌を渡しているところ


IMG_2205.jpg

この写真は、秋季大祭に先立って、注連縄の張り替えが行われましたときのものです

神無月13日 秋季大祭

秋季大祭

10月第2日曜日に、収穫に感謝をする秋季大祭を斎行致します。

七十五膳据神事と呼ばれる献饌行事がございます。

御供殿と呼ばれる建物にて大勢の世話人が集まり神饌や奉供物を前日までに整えます。

当日は、それらお供え物や神宝類を百数十人にのぼる氏子の方々が神職を先導に本殿を目指して長い行列をなして神様にお供えをします。


皆様のご協力により秋季大祭を執り納めいたしました。

ご協力していただきました皆様誠にありがとうございました。

神無月12日 秋季大祭

明日、10月13日(日)は、秋季大祭ですので、御祈祷のお待ち時間は最長で1時間程お時間をいただく場合がございます。

お急ぎのお方様で、御神札を先に受けてお帰りになられる場合は、『あと祈祷』とお申し出下さい。

御神札を先にお渡し致します。

後刻、こちらで御祈祷を致します。

何卒、御海容願い上げます。

なお、鳴釜神事は出来ませんので、ご海容願います。


m-037.jpg



秋季大祭とは、収穫に感謝をするお祭りです。

御神事の一つとして七十五膳据神事と呼ばれる献饌行事を執り行います。

御供殿と呼ばれる建物にて大勢の世話人が集まり神饌や奉供物を前日までに整えます。

当日はそれらお供え物や神宝類を百数十人にのぼる氏子の方々が

神職を先導に本殿を目指して長い行列となって運び神様にお供えします。


m-035.jpg