このブログについて
予定
祭事・行事
職員日誌
吉備津神社公式サイト










神無月2日 「神無月」って神様いないの?

七十五膳据神事 (2)

10月の異称を神無月と申します。

神々が会議のため出雲に集まるとされ、出雲では神在月という、と広く認知されています。

よく「10月には神様が居ないのでしょう」とか「秋祭りに神様は居ないのですか?」ということも尋ねられます。

神無月という言葉について(辞書より引用)

神無月(「かむなづき」「かんなづき」とも)は陰暦10月の異称。

「な」は「の」の意味の格助詞で、「神の月」の意味。

後世、「無」の意に解釈して、八百万(やおよろず)の神々が出雲に集まり、

他の地域に不在になる月とする俗説がある。(以上、引用おわり)


いよいよ「神の月」、秋祭りの時季となりました。

昨日の10月1日には毎年恒例の本宮社祭がありました。

この祭典は本宮社の例祭ではなく、明治43年に神社合祀によって

地域の神社が本宮社に合祀されたことによるお祭りです。

本宮社合祀記念祭とされていました。

境外摂社である新宮社と内宮社、各村々(当時)の御崎宮が合祀されました。

今でも各地域から代表者参列の元、斎行されております。

また、1度は本宮社に合祀されたものの、また元の地域に御崎宮として

祀られた神社も当社神職が参り、午後より多数ご参列なされ斎行致しました。


10月8日は吉備津神社秋季大祭七十五膳据神事です。

七十五膳据神事 (1)


11時よりはじまり、午後1時頃までの荘重にして厳粛な神事です。

午後1時よりはご本殿横特設舞台にて巫女舞や瞑想舞、筝曲奉納、瑠璃舞など芸能の奉納が続きます。
スポンサーサイト

文月31日 夏越祭



毎年7月31日は当社の夏越祭と宇賀神社夏祭の前夜祭です。(一童社の勧学祭も斎行されます)

それに伴い県下三大踊りの宮内踊りの奉納。

氏子さんによる奉納煙火があります。

昨日は天候が心配されました。

直前まで夕立と雷、強風がありましたが、開始の午前7時頃には風も収まりました。

IMG_1801.jpg
廻廊には氏子学童のあんどんが掛けられます。

IMG_1823.jpg
夏越祭では茅ノ輪くぐりの神事もあります。

人形(ヒトガタ)に名前を書き、体を撫でたあと息を3度吹きかけ、拝殿の人形入れに納めます。

IMG_1808.jpg
宮内踊りは江戸時代の歌舞伎俳優の振付と云われるとても優雅な踊り。

IMG_1855.jpg
太鼓の演奏と唄。生演奏です。

IMG_1821.jpg
踊りの櫓の周辺は露店もありとても賑わいます。

IMG_1826.jpg
境内も若干ライトアップされています。

IMG_1880.jpg
地元の小学校に通う姉妹が元気よく煙火開始の合図をしました。

IMG_1980.jpg
奉納煙火

IMG_1994.jpg
氏子皆様によるご奉納。花火大会ではありません。

IMG_1998.jpg
奉納煙火。

IMG_2005.jpg
今年は昨年よりも盛大なものとなりました。

夏を無病息災にお過ごしくださいますよう祈り居ります。

俳句募集!!

simg-706131234-0001.jpg

sDSC_1952.jpg

短冊を用意しております。

ご希望のお方様は社務所までお越しください☆

喜多一郎監督講演会&映画鑑賞会!

決定チラシ

水無月29日 あじさい



あじさい園の様子です。

ピークは過ぎたあじさいですが、もうちょっと楽しめると思います。

IMG_1684.jpg


IMG_1683.jpg


IMG_1682.jpg


IMG_1678_20170629072927cec.jpg

空梅雨でしたが、最近になってようやく雨がぽろぽろ降り始めましたね。

散水はしておりましたが、やはり雨が降らないといけませんね。

今年は少々あじさいにとっては酷だったかもしれません。